家が売れたので

結婚して4年たちました。新婚当初からなぜか相手のことが好きではなくなり、冷めてしまいました。そのとき男女は別の種類の生き物だということを改めて感じました。脳のつくりがまったく違うんですね。だから相手を理解しようとしてもできない。話し合っても平行線。そうしているうちに離婚しようと自分の中で決意が固まってきました。

相手に離婚を切り出すと、相手もその気だったようで円満離婚となりました。子供はおらず、住んでいたマンションも売って折半しました。買ったときは2000万円でしたが、売ったときは何と2400万円でした。住宅ローンを完済し、残りの利益から経費を差し引いたところから折半です。

しかし結婚を祝ってくれた友人たちに申し訳ないです。結婚式はあんなに祝福されたのに、離婚するときはヒッソリ、コッソリと離婚。友人たちにも離婚したことは報告するのが気まずくて。離婚で家を売るときは結構しんどかったです。

そして一人になり、気晴らしに宝くじを買ってみました。それが何と1当当選!地方くじだったので1,000万円でした。それでも十分ですよね。離婚してから吉が回ってきたのかなと思います。

宝くじに当たる前までの生活

結構生活がカツカツで、10円単位で節約して何も買えませんでした。お金がないのでカードローン審査甘いところで借りたりして食いつないでいました。でもこんな生活を続けているだけでは、ずっとマイナスとゼロの間を行ったり来たりしているだけでプラスにはなりません。宝くじはギャンブルですが、10円単位で節約して1万円貯まったときに、100円の地方くじを100枚買いました。なぜか「当たる」という絶対的な感覚に包まれて、安心しながら宝くじを買いました。すると、1等1,000万円が当たったじゃありませんか!こんな人生の大逆転は経験するとは思いもしませんでしたが、これからこの1,000万円を大切に使っていきたいと思います。

いろいろやってみてます

購入するのはよく当たりが出ている売り場で購入しています。大安か最終日に購入しています。残り物に福があるということで。購入した宝くじは神棚か仏壇に置いています。これは毎回やっていることではありませんが、白い布に包んで置いておくと良いと聞いたことがあるので年末ジャンボなど大きい金額が当たるときは実行しています。
あとはいろいろ宝くじが当たると噂できいたことは試してみていますがまだ当たったことがありません。

当たりのよく出るお店での宝くじ購入

宝くじを購入する場合は私なりに決められたルールの下、宝くじの購入にあたっています。 それは過去に当たりのでたお店での宝くじ購入です。 よく当たりの出た回数などをアピールしているお店を見かけますが、これが不思議と1回のみに限らず連続して当たりがでたりする傾向にありますので、その流れに乗って宝くじの購入を行うように心がけています。 購入のタイミングとしましてはサマージャンボや年末ジャンボ宝くじなど、多くの人が購入する機会の多いときに買うようにしています。

大安吉日に買います。

基本的にはジャンボ宝くじしか買いません。発売日に買うなどという熱意はなく、たまたま宝くじ売り場を通りかかったときに「本日大安」といった旗や掲示を見かけると買っています。時期になるとCMが増えて宝くじ売り場を意識するようになるため、あまり買い逃すことはありません。買った宝くじは、ちょうどよいポーチに入れて、神棚に置いてあります。当選発表の日に番号を確認せず、長いときは半年ぐらい寝かせてから当選番号を確認します。